件数:12件
宮城の景勝地「鳴子峡」

古くから伊達家の城下町として栄えてきた東北一の都市「仙台」を擁する宮城県。人口の密集する仙台から抜け出せば、大小260を超える島々が連なり、日本三景にも数えられる「松島」や、全長2.5キロ、深さ100メートルにもおよぶ大渓谷の「鳴子峡」、また、自然の力によって長い年月をかけて造られたリアス式海岸等、自然美を堪能できるスポットが点在しています。

そんな宮城県の道の駅は観光名所の多い北部の県北エリアから、三陸エリアにかけて集中しており、都会の喧騒を忘れて小旅行を楽しむ人々の休憩ポイントとなっています。