道の駅 くつき新本陣

安曇川の穏やかでのどかな風景が広がる

くつき新本陣の外観

国道367号沿い建つ「くつき新本陣」は、京都と若狭を繋ぐ鯖街道の中間地点に位置する道の駅。室町時代より物資の集散地として栄えてきたこの地は、今でも江戸時代に整備された市場の町並みの面影が残る。

施設は主に3つの建物に分かれており、特産品コーナーではこの地方の故郷の味である鯖寿司が販売されている。また、敷地内の北側に位置する屋内広場では日曜と祝日に朝市が開催されており、地元の新鮮な野菜からこの地方ならではの特産品・惣菜が販売されている。

建物の裏側を流れる安曇川はのどかな景色が広がり、春になると安曇川堤防沿いに植えられた桜が満開の花を咲かせ、道の駅周辺ではくつき鯖街道桜まつりも行われる。

INFORMATION施設の基本情報

路線 国道367号
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月31日~1月3日)
営業時間 物産館-9:00~17:00,レストラン-平日11:00~17:00、土・日・祝10:30~17:00
住所 滋賀県高島市朽木市場777
電話番号 0740-38-2398
大型駐車場 3台
普通車駐車場 93台
ホームページ 公式サイト又は関連サイト

設備&特徴

  • 情報コーナー
  • レストラン
  • 特産品・野菜等の販売所
  • 休憩コーナー
  • アイコンの一覧表
最終更新日 / 2015/07/28
※当サイトでは正確な情報の提供に努めておりますが、情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は各施設の公式ホームページを事前にご確認下さい。また、掲載する情報に誤りがある場合には、お手数ですが運営事務局までお知らせ下さい。

道の駅 くつき新本陣へのアクセスマップ

滋賀県内のその他の道の駅