件数:26件
「高野山」の神秘的な風景

日本最大の半島「紀伊半島」の西側に位置する和歌山県。北には弘法大師によって開かれた真言宗の聖地「高野山」、南には神々が住む地として自然崇拝の聖地となった「熊野」があり、巡礼の旅の起源となった場所でもあります。

特に高野山真言宗の総本山「金剛峯寺」周辺には100ヶ所以上の寺院が密集しており、そんな高野町へと至る高野龍神スカイラインはドライブやバイクツーリングに人気のルート。

中間点にある道の駅には高さ33メートルの展望塔もあり、厳かな雰囲気が漂う紀伊山地の山々を見渡すことが出来ます。